Terms and Conditions - For Agents

English French Spanish Italian German Portuguese (Brazil) Japanese Chinese (PRC) Russian
  1. 一般用語
    • 宿泊施設:
      一般の方に貸すことができる、ホテルあるいは他の建物内の客室またはスイート。
      宿泊施設プロバイダー:
      宿泊施設を提供する法主体。
      追加項目:
      宿泊施設まで行くために予め手配をした移動交通手段。車のレンタル、あるいは小旅行。
      代理店:
      パッケージを販売または購入する法主体であり、企業間取引の代理店、あるいは企業と消費者間の代理店である場合もある。
      代理店グループ:
      企業間、および企業と消費者間の代理店。
      銀行保証:
      本文書に記載されているような、Travcoが必要とする保証証券。
      予約:
      代理店に代わりTravcoが宿泊施設を予約すること。
      企業間取引の代理店:
      予約を別の代理店に販売する目的で予約を行う代理店。
      企業と消費者間の代理店:
      観光客のために組み立てたパッケージの予約を必要とする代理店。
      営業日:
      ロンドンで通常の銀行業務を行うために手形交換所組合銀行が営業している日 (土曜日あるいは日曜日以外)。
      キャンセル期間:
      キャンセル料金を発生させずに代理店が変更を行うことができる期間。これは通常予約が開始する48時間前となるが、他の予約(通常展示会または他の人気のあるイベントと同時期となる)にはさらに長いキャンセル期間が設けられる。
      変更:
      Travcoあるいは代理店が、その後予約に対して行う変更あるいはキャンセル。
      申し立て:
      観光客が予約した結果として得る法的措置の権利、または保証を受ける権利、もしくは救済の権利。
      条件:
      本文書。
      問い合わせの詳細情報:
      予定表に記載された問い合わせ先の電話番号およびEメールアドレス。
      信用限度:
      条項11.1条に従って計算される本文書に詳述した金額。
      通貨銀行口座:
      Travcoの銀行口座。詳細は、予定表に記載される。
      法主体:
      会社、 唯一の貿易者、パートナーシップ、あるいは有限責任を持つパートナーシップ。
      文書:
      これらの条件が関係を支配することに同意した両当事者によって署名された文書。
      パッケージ:
      輸送および追加項目から構成される、旅行者が購入した物、あるいは旅行者のために購入された物。
      プラットフォーム:
      代理店が予約を行うことができる、XMLインターフェースあるいはOBS (オンライン予約システム)等のソフトウェア。
      TNR:
      Travcoが宿泊施設プロバイダーと交渉できる予約に関する競争価格。
      Travcoの予約確認:
      Travcoの予約参照番号を含む、Travcoからの予約を受けたという確認。
      Travcoの製品:
      Travcoが代理店に販売を提供する旅行関連の製品(パッケージを構成するものであるかを問わない)
      旅行者:
      代理店がパッケージを販売する際、代理店との契約を締結した人。
      バウチャー:
      宿泊施設を利用するために旅行者が差し出す、代理店が観光旅行者に対して発行した文書。発行したすべてのバウチャーには、Travcoの予約参照番号を含めることが必要であり、Travcoがその予約を行い料金を支払った旨を記載しなければならない。
    1. 本条件の見出しは、この解釈に影響を及ぼさない。
    2. 記載あるいは記載された内容への言及にはEメールが含まれる。
    3. 人に何かを行わせないようにする本条件中の義務には、現在行われている事に同意しない、許可しない、あるいは黙諾しない義務が無制限に含まれる。
  2. 本条件の適用
    1. 本条件は、代理店によって行われる注文書、あるいは注文確認に含まれるか、あるいは言及される矛盾した用語あるいは条件、見積もりの受諾、法律によって提供あるいは暗示される他の文書、仕様書あるいは、貿易慣習、慣行、取引の過程よりも優先されるものとする。
    2. 予約を行うことで、代理店は全体における条件を認め、受諾する。代理店は責任をもって、本条件、ならびに予約を行うことに適用されるTravcoが提供したドキュメンテーションを読むことが必要である。
  3. 始めに
    1. Travcoは、予約を行う際に仲介者として働くのであって、本人として働くのではない。したがって、観光旅行者がパッケージから発生する法主体に対して持つ可能性のある申し立てには責任を負わない。
    2. 代理店にTravcoの製品へのアクセスを提供することにより、Travcoは代理店に (1) 完全に独立した観光旅行者(「FIT」)の代理として特注の予約あるいは (2) グループ予約をさせることができる。Travcoは旅行客といかなる取引もしないものとする。
    3. 本条件は、以下のものに対するTravcoの取引を規定する。
      1. 企業と消費者間の代理店、および
      2. 企業間の代理店。
    4. Travcoは各代理店に固有のプラットフォームを提供し、 責任をもって各代理店に対して、これが代理店グループのプラットフォームと関係していることを確認させなければならない。一部の代理店には、両方のプラットフォームへのアクセスが与えられる。
    5. 不正に接続し、そのためXMLの区別に関する方針に違反したと分かった代理店は、Travcoに対して罰金を支払わなければならない。罰金額はTravcoに対して発生した重大、あるいは結果的な損害に基づくものとする。一件の違反に対する罰金の最低額は500ポンドとし、発見後即座に通知するものとする。 Travcoは、Travcoの契約上の合意を守るために、通知なく代理店のXML接続を変更する権利を有する。
  4. TNR
    1. 代理店は、Travcoの製品に関する競合価格を提供し、TNRベースで代理店に宿泊施設の販売を提供する立場にあることを認める。
    2. 代理店は、Travcoに対して以下のことを認め約束する。(1) 他の代理店に対して、TNRを基に代理店がすでに購入している予約を販売しないこと。(2) TNRオファーを一般の上級購入者に提供することによって、TNRを不当に利用しないこと。 代理店は、それを行うことによって宿泊施設プロバイダーがTravcoに独占的にTNRを提供する際に、Travcoのビジネスを危険にさらすという損害について認識する。
    3. Travco が4.2節に違反して、予約が再販されたという事を発見した場合、Travcoは予約をキャンセルし、代理店がプラットフォームにさらにアクセスすることを拒否する権利を持つ。
    4. これによって、Travcoの製品を、代理店あるいは現在Travcoとつながりのある代理店に販売する権利を除外することはない。
  5. 予約方法
    1. 全ての予約はプラットフォームで行わなければならない。プラットフォームでは、Travcoが予約に関して必要とする詳細情報を規定している。
    2. プラットフォームが利用不可でない限り、予約および予約に対するその後の変更あるいはキャンセルは、電話やEメールではなく、プラットフォームを使用して行わなければならない。
    3. 予約の最終価格は、Travco の予約確認で記載された価格である。検索用の価格は、単に参照目的で提供するものであって、保証することはできない。代理店は、相違がないかどうかを確認し、Travcoの予約確認を受け取ってから24時間以内にTravcoに通知しなければならない。
    4. 劇場、電車の乗車券などの諸口は、Travcoが前払いする。修正あるいはキャンセルの場合、返金は行わないものとする。
    5. 例外的な事情がない限り、各代理店は観光旅行者にバウチャーを発行しなければならない。
    6. 発行したすべてのバウチャーには、Travcoの予約参照番号を含めることが必要であり、Travcoがその予約を行い料金が支払った旨を記載しなければならない。
    7. 代理店がバウチャーを発行し、その後キャンセルされ、代理店によりキャンセル通知がされた場合は、Travcoは宿泊施設プロバイダーに正式に通知しなければならない。
    8. Travcoが代理店に予約確認をする場合、代理店は、予約について現在完了中であるとみなすことしかできない。
    9. 代理店がTravcoに依頼した場合であり、観光旅行者がTravcoに依頼したものでない場合に限り、変更を処理することができる。代理店が宿泊施設プロバイダーに直接変更を行った場合、代理店にはそれにもかかわらず発生した料金の払い戻しをする責任がある場合がある。
    10. Travcoは、Travcoが誤って行ったと妥当に考える予約をキャンセルする権利を持つ。例えば、代理店に対する報酬がなく、料金が明らかに間違っている場合などである。Travcoが誤った予約をキャンセルした場合、Travcoは即座に代理店に通知し、可能な範囲で、同等の価格で同等のホテルを再予約するか、あるいは代替策を提供するものとする。Travcoは、代替予約を確保する責任を負わないものとする。
    11. 旅行客が宿泊施設プロバイダーに直接変更をする場合、Travcoはその宿泊施設プロバイダーの認可を受けた代表者から、変更が認められ料金を課さないことを述べた確認書を必要とするものとする。Travcoが変更から30日以内に本書簡のコピーを受け取った場合、財務調整を行う資格を与えるのは代理店となる。
    12. TravcoはEメールで自動的に予約、修正、キャンセルを確認するものとする。 代理店がこれらの通信をTravcoから受け取っていない限り、代理店は予約を確認済み、あるいはキャンセル済みとみなすことはできない。
    13. 代理店は以下の点に注意しなければならない。
      1. 宿泊施設プロバイダーは、旅行客のために、クレジットカードではなく、国の通貨で国内の税金あるいは超過料金を支払う手配をしなければならない場合がある。代理店は責任をもって、これらの支払いに対して旅行客の注意を喚起しなければならない。
      2. 予約した各品目の通貨は、ホテルの空き状況の検索ページに表示された通貨となる。
      3. ホテルの料金には税金が含まれており、地元当局が実施した税率の変更によって、サービス料金などのすでに合意済みの料金が変更される場合がある。
      4. 朝食が含まれる場合は、予約が行われた時点で他に記載がなければ、予約の中にコンチネンタルブレックファストストを含めなければならない。
      5. 時折、例外が適用されるものとする。これは、チラシ、Travcoの予約確認の形式で通知しなければならない。
      6. 一部の宿泊施設プロバイダーは、料金を特定の国籍の乗客に対して制限するものもある。限定された国籍の旅客が、これらのホテルにチェックインした場合、Travcoは代理店により高い料金で送り状を送る権利を持つ。および
      7. 現在一部の政府機関は観光税を課しており、各観光客は出発の際に支払うことが必要である。詳しくはTravcoのウェブサイトを参照のこと- https://www.travco.co.uk/citytax.
    14. 代理店は、損失あるいはサードパーティーの申し立てに対して責任を持たなければならない。これらには、予約当時、あるいは以下の修正を行う間に、代理店が供給した予約情報の中に不完全あるいは不正確な情報があった結果、Travcoが受ける可能性のあるキャンセル料金が含まれる。
  6. プラットフォームが作動しない場合
    1. プラットフォームが作動しない場合、あるいはプラットフォームが代理店にアクセスを与えるアカウントが機能しない場合、代理店は予約、キャンセル、修正について以下のアドレスまでEメールを送信しなければならない。 fit.res@travco.co.uk.
    2. 予約に関してTravcoに提供する詳細情報は、明確なものでなければならず、Eメールで行う際は以下の順序で行わなければならない。
      1. 旅客の家族名、イニシャル、肩書
      2. 都市名、
      3. ホテル名、
      4. 到着日、
      5. 宿泊日数、
      6. 客室の数およびタイプ – 代理店はツインまたはダブル + エキストラベッドを要求し、予約の中に子供が含まれる場合は子供の年齢および
      7. 所見を提供しなければならない。
    3. 予約は、「新規」、「変更」、 「キャンセル」または「チェイサー」 の見出しで分類しなければならない。代理店が予約を明確に分類しない場合、あるいはTravco の予約参照番号を提供しない場合、Travcoは新規予約であるとみなし、それに従って確認を行うものとする。Travcoが、Travcoの予約参照番号無しでEメールに応えて追加予約を行った場合、代理店はその予約に対して責任を負い、発生する料金に対して責任を負う。
  7. 予約のキャンセル
    1. 予約が必要でない場合は、代理店は責任をもって予約をキャンセルしなければならない。
    2. 予約をキャンセルするためには、代理店は以下のことをする必要がある。
      1. Eメールによって予約が締結される場合はEメールを使用し、Travcoが確認した内容を明確に記載してTravcoの予約参照番号(代理店の元々の依頼と同一ではない場合もある)および代理店がキャンセルしたい内容について明確に述べる事。または
      2. 予約がプラットフォームを使用して締結された場合は、プラットフォームを使用すること。
    3. 代理店は責任をもって、どの予約に関するキャンセル期間についても熟知しなければならない。
    4. 代理店は宿泊施設プロバイダーが課したすべてのキャンセル料金に対して責任を負わなければならない。これは、キャンセル期間以外にキャンセルが行われた結果であるか、あるいは別な方法でキャンセルが行われた結果であるかどうかにかかわらない。代理店は、基準外のキャンセルがない場合、全ての料金に対して責任を負うものとする。代理店は責任をもって、基準外のキャンセルに注意し、それに応じて行動しなければならない。
    5. キャンセル期間以内に変更が行われたにもかかわらず、変更した結果として予約側がキャンセル費用を支払わなければならない場合でも、変更すると、少なくとも未使用の宿泊料金の一日目に対するキャンセル料金は発生するものとする。
  8. 責任
    1. 代理店はTravcoを以下の代理店による本条件の違反から発生する責任から保護するものとする。この免責には、Travcoデータ保護法により個人に与えられた権利に代理店が違反したことから発生するTravcoの損失が含まれる。
    2. 代理店は、厳密に旅行客が代理店から賠償を求める場合に、Travcoが代理店に対して責任を負うことはできないという事を根拠としてTravcoとの本契約を締結する。法によって認められる範囲まで、Travcoの怠慢を含むTravcoによる本条件の違反に対して、全ての責任が除外される。すべての保証は除外される。
    3. Travcoは、全ての確認済みの予約がアコモデーションプロバイダーに受け入れられることを確認するために妥当なことをする一方、これが起こらない場合は、同じ基準で同じ場所にある適切な代替物を代理店に提供するために、できる限りのことを行うものとする。しかし、代理店は、これらの代替物が、元来予約していたものと基準が適合しているか、あるいは同一の場所にあることを認める。Travcoは自由裁量権を持って、どのような経済的な賠償を行うべきかを決定するものとする。
    4. 火災、地震、吹雪、流行病、爆発、ストライキ、暴動、民間の争乱、戦争、天災、輸送、電力、通信システムの故障あるいは遅延、またはTravcoが制御できない同様の事象を理由として予約を実行できない場合、Travcoは代理店に対して責任を負わないものとする。 Travcoが代理店に渡す返金を獲得することを除外した、宿泊施設プロバイダーとの契約によって拘束されていなければ、Travcoは常に、これらの状況において、最善を尽くして代替物の手配を行うか、あるいは既に支払い済みの金額を返金するものとする。
    5. 代理店は、Travco製品に関する説明がサードパーティーによって提供されることとする。Travcoはあらゆる努力を払って、提供する説明と情報が正確であるように努めるが、代理店はTravcoが制御できないような変化(磨耗、改造、その他など)が発生しうることを認める。
  9. Travcoのビジネス保護
    1. 代理店は、Travcoの特定の書面による合意なく、代理店の社員以外の人に、Travcoのシステムのいかなる部分に対するアクセスも与えることはできない。
    2. TravcoがTravcoの製品を代理店に販売する料金(TNRを含む)は、厳密に内密で機密とする。いかなる代理店も、これら、あるいはこれに関する関係することを代理店の社員以外の人に開示してはならない。
    3. 代理店が旅行者のグループのために予約を行ってはいるが、予約が実際の数ではあるが別のFIT予約であるかのように見えるように分割していると、Travcoあるいは宿泊施設プロバイダーが合理的に考える場合、
      1. 宿泊施設プロバイダーは、グループキャンセル料金を課す場合がある。キャンセル期間はそれに応じてFIT予約に与えられるキャンセル期間とは異なるものになる。
      2. Travcoは、これらの予約をキャンセルでき、宿泊施設プロバイダーは、Travcoに対して予約のキャンセルを依頼することができる。
      3. キャンセル料金が代理店に適用される場合がある。
      4. 予約した客室数がグループキャンセルの期限内に減少した場合は、料金が適用される場合もある。
    4. Travcoが代理店に提供するホテルのデータは、代理店のシステムのみが使用するためのものである。Travcoによる書面での同意なく、代理店の加盟店あるいはパートナーに、今後これを複製したり配給してはならない。
    5. 本条件に対して違反があった場合は、Travcoが受ける可能性のある申し立てに加え、Travcoは代理店との取引を停止し今後のすべての予約をキャンセルする権利を持つ。
  10. 契約解除
    1. 代理店とのTravcoの契約は、代理店が以下のことをした場合に解除される場合がある。
      1. 合意した支払い日までに、未払金を支払わない場合。
      2. 取引を停止した場合、あるいは取引を停止すると脅した場合。
      3. すべての形式の精算あるいは管理下に置かれる場合。
      4. 本条件に含まれる代理店の義務に違反した場合で、Travcoが代理店に対してその違反およびTravcoが求める是正について通知してから7日以内に、違反が是正されない場合。
    2. 代理店とTravcoの間の契約が解除された場合は、プラットフォームにアクセスできなくなり、代理店はTravcoの製品に関する情報にアクセスできないようになるものとする。
    3. 代理店は12.7節の特定の手段について熟知する。
  11. 課金、インボイス発送、支払い
    1. Travcoは、少なくとも1カ月の取引に相当する、返金可能な流動性預金あるいは銀行保証を求める。この金額は、代理店の月の信用限度(信用限度)とみなされるものとする。代理店の信用限度はTravcoが随時見直すものとし、Travcoと論議した後合意される、預金あるいは銀行保証の増額を受けた時に引き上げることができる。
    2. 代理店が信用限度を超えた時、12.6.節によって与えられた権利を行使することができる。
    3. 全ての銀行保証は、代理店がプラットフォームの使用を継続できるように、Travcoが現在の保証の終了日よりかなり前に更新することが必要である。
  12. 信用協定
    1. インボイスは、Travcoから代理店に提示するものとする。代理店は、インボイスが提示された後の月の15日までに、インボイスを送られた未払い金額の通貨で各インボイスの全額を支払うものとする。支払いは、銀行送金あるいはオンライン決済ゲートウェイにより、関連する銀行の当座預金口座に行うものとする。
    2. 全ての支払いには、送金通知書を付けなければならず、Travcoのインボイスと同一の通貨で支払うものとする。これには、Travcoのインボイス番号および、送金した支払い額に等しい合計金額を示して、インボイスに関して支払った金額を記載しなければならない。
    3. Travcoのインボイス金額以下の支払額については、Travcoのインボイス番号、Travcoの予約参照番号、乗客名、到着日、ホテル、不十分な支払金額およびその理由と共に、信用に関する申し立ての証拠となる全ての証拠あるいは情報を示して、完全に説明することが必要である。
    4. 代理店がインボイスに関して論議したい項目がある場合、Travcoは争点となるインボイスの発行日から42日以内に書面にて全ての紛争の詳細を記載しなければならない。
    5. Travcoは、別のインボイスでの紛争を原因として、紛争のないインボイスを支払わないことは認めないものとする。
    6. 代理店が信用限度に違反した場合、代理店には書面で通知するものとし、即座にさらなる資金の送金を要求するものとする。Travcoは、問題が解決するまで、代理店から今後の予約を受けない権利を持ち、今後の予約を全てキャンセルすることが必要であるとみなされた場合は、Travcoにさらに費用がかからないようにする権利を持つ。
    7. 本規約に従って締切日までに全額の支払いを受け取らなかった場合、Travcoは以下のことをする権利を持つ。
      1. Travcoの予約システムすべてに対するアクセスを切断する。
      2. TravcoにEメールで送信された予約の依頼があった場合、予約を停止する。
      3. Travcoがこれらをキャンセルしないようにするために、全ての既存の予約について、事前払いをするように要求する。
      4. 代理店が既に行っている今後の予約をキャンセルする。
    8. Travcoに代理店が支払う際の送金費用は、代理店が負担しなければならない。Travcoは、代理店の銀行手数料を負担するために、代理店によるインボイスの減額を認めないものとする。また、Travcoは、Travcoに支払うために代理店の銀行が仲介銀行を使用した結果発生する差引額を認めないものとする。
    9. 宿泊の第一日目に払う最低料金は、ノーショーの予約に適用されるが、この金額に限られない。ノーショーの予約では、少なくとも宿泊の第一日目に適用される料金が発生するが、この金額に限られない。展示会、あるいは特別イベントの期間中に、異なる最低宿泊がホテルによって規定されている期間の間、最低宿泊期間あるいは予約の全期間に料金が課される。Travcoは代理店に対して、予約した時期に同様の内容を通知するものとする。
    10. 旅客が予約した宿泊日の最終日前にホテルを出るが、ホテルあるいは代理店に通知しない場合には、ホテルまたは代理店はTravcoに通知しなければならない。彼らがそうすることにより、Travcoは未宿泊分の返金を保証することはできず、Travcoが留保した宿泊に対してインボイスを発行する権利を持つことはできない。
    11. イギリスポンドで確認した予約の支払いは、電信送金により指定されたイギリスポンドの銀行口座のみに支払わなければならない。イギリスの銀行のみから引き出された銀行為替手形は、2番目の支払方法として認めることができる。ユーロおよび米ドルで確認した予約の支払いは、指定された通貨の銀行口座に送金しなければならない。
    12. 誤った銀行口座に送金した場合は、Travcoが設定した為替レートで充当されるものとする。
  13. 通知および他の通信
    1. 一方当事者に対して、書留あるいは配達記録付き郵便、第一種郵便により、文書に記載された住所宛てあるいは各当事者が時折書面での通知によって知らせることのある他の住所宛てに通知が送付された場合に、通知が十分に行われたものとする。
    2. イギリスから目的地に投函された通知は、3営業日後に正しく通知が行われたものとみなされる。また国際郵便で郵送された全ての他の通知は、8営業 日後に正しく通知が行われたものとする。
  14. 紛争および司法管轄区域
    1. Travcoが行った手配に対して代理店の旅客が不満足である場合、代理店はTravcoに通知しなければならない。その一方、可能な場合は問題を解決するために旅行者はそのままの状態となる。いかなる当事者にもそれ以上の金銭的な報酬を発生せずに、発生時に紛争を終結させることは、全当事者の利益にかなうことである。
    2. 苦情が発生した都市から出発後42日以内に、Travcoに苦情について通知しなければならない。
    3. 本条件は英国法に準拠する。本条件と関連して発生した紛争は、英国法廷を専属的合意管轄権とする。
  15. 譲渡
    1. 本条件のいかなる権利も、他方当事者による書面による承認なしに、一方当事者によって譲渡されないものとする。Travcoは、代理店の承認なしに、本条件下の義務の実行についてサードパーティーと下請け契約を締結することがある。但し、Travcoは、これらの下請け契約があるにもかかわらず、契約に責任を持たなければならない。
  16. パートナーシップあるいは代理店なし
    1. 本条件中には、当事者の間にパートナーシップあるいはいかなる種類のジョイントベンチャーを構成する意図はなく、また構成するとみなされることはなく、構成することもない。またいかなる目的でも当事者を別の当事者の代理店に任命することはない。いかなる当事者も、いかなる方法においても、他方当事者のための代理店として活動したり拘束する権限は持たない。
  17. 法的構成
    1. 本条件は、両当事者間で達した全体的な合意を構成する。これは、口頭であるか書面であるかにかかわらず、全ての以前の提案、表明、理解に優先する。ただし、詐欺的な虚偽の陳述以外のすべての他の通信は、本契約中の条件を構成するものとする。
    2. 本条件の範囲がいかなる点でも範囲が広すぎて十分に実施できない場合、当事者はこれらの規定が法により認められた最大の範囲まで実施されることに合意し、これらの規定がそれに応じて変更されるとみなされることに合意する。
    3. 本条件の意図的な変更は書面で行い、各当事者の認可された代表者が署名しなければ発効しないものとする。
    4. 一方当事者が他方当事者に対して、規約あるいは本条件の条件を実施する際に遅延または過失がない場合、および、本条件下の権利についていずれかの当事者が部分的に行使しない場合は、本条件の当事者の権利の放棄とみなさなければならない。
    5. いかなるサードパーティーも「1999年契約条例(サードパーティーの権利)」に従って、権利を取得しないものとする。
付則
  • 連絡先の詳細
    • 今後の到着日の予約に関して、ゲストが宿泊施設プロバイダーのプロパティのどこにいるかに関して、質問、緊急の依頼、修正あるいはキャンセルについては、TravcoのFIT部門まで連絡することが必要である。FIT部門の営業時間は、月曜から金曜の08:00-18:30 ロンドン(イギリス)時間である。土曜日から日曜日およびイギリスの祝日の営業時間は、09:00-17:30 ロンドン(イギリス)時間とする。ゲストが、標準労働時間外にその位置で、厳密にいえば緊急時に使用すべき緊急ホットラインが設けられている。この番号は携帯電話、および国際電話に接続されることがあるため、通話にはかなりの費用が掛かることに注意されたい。 1.2条および6条に従い、予約、修正、キャンセルは電話では受け付けず、書面での確認が必要であるという点に注意されたい。
    • これまでの予約、あるいはインボイス済みの予約に関するいかなる質問、紛争、あるいは申し立てについても、Travcoの売掛金担当チームに必ず連絡しなければならない。Travcoは、紛争の通知から4週間以内にインボイスに関する全ての未解決の質問を終了させる責任を持つ。
  • 銀行口座の詳細:
    • 銀行名および所在地
      • Barclays Bank
      • Swiss Cottage and St. Johns Wood Branch
      • P.O. Box 2764
      • London NW3 6JD
      • United Kingdom
    • 通貨: イギリスポンド
      • 口座名:Travco Corporation Ltd
      • 口座番号:40926884
      • 分類コード:20-74-71
      • スイフトコード:BARCGB22
      • IBAN: GB24 BARC 2074 7140 9268 84
    • Currency: Euro
      • 口座名:Travco Corporation Ltd
      • 口座番号:44311722
      • 分類コード:20-74-71
      • スイフトコード:BARCGB22
      • IBAN: GB82 BARC 2074 7144 3117 22
    • Currency: United States Dollar
      • 口座名:Travco Corporation Ltd
      • 口座番号:86577077
      • 分類コード:20-74-71
      • スイフトコード:BARCGB22
      • IBAN: GB48 BARC 2074 7186 5770 77
バージョン 2.0 - 2017年11月

 UK Inbound